奈良教組は子どもと向き合う
『あなた』を応援します!

photo

奈良教職員組合 高栄耕平

緊張感と使命感を持って新学期をスタートされた『あなた』!
奈良教組はチームワークでそんな『あなた』の活動をサポートします。

新しい学校で、教室で子どもたちとの「出会い」はどうだったでしょうか?目の前の子どもたち一人ひとりには違った表情があり、それぞれ違った生活環境の中で生きています。「きびしい生活環境にある子ども」「社会的に被差別の立場にある子ども」「最も愛されるべき親に対し心を開くことのできない子ども」一見何事もなく学校生活を送っているかにみえても、様々な思いや不安、ストレスの中で、「ありのままの自分を受け入れて生きていくことができない子ども」さまざまな現実の中で子どもたちは人生を刻んでいます。

学校での出会いは、教職員自身がそうした子どもたちの存在に気づき、ひとりの人間として胸を痛めることからはじまります。子どもたちが生きている現実を見つめ、おどろきや痛み、葛藤が生まれ、ありのままを受けとめる感性と想像力が問われます。そして、これらの気持ちと心に余裕があれば、「体罰」や「暴力」の刃を子どもに向けるという行為は決して起こるはずがないのです。

子どもたちが織りなすドラマは、あなたの思い描いたようにはならないかもしれません。でも、あなたひとりで抱え込み、悩まないでください。教室の中だけに閉じこもっていてもいけません。

あなたの周りには「なかま」がいます。あなたより経験のつんだ先輩たちがいます。学校をこえて出会える「なかま」がいます。奈良教組運動は、子どもたちを原点とした『絆』の結び合い、支え合いです。

子どもたちの『元気』の源になる私たち教職員の『健康』を確保するため、奈良教組の運動や交渉は、賃金・勤務条件のみならず、教職員の定数を左右するなど重要な役割を担っています。組合運動を通してあなたの子どもに対する熱い想いが県教育委員会や文部科学省、国を動かす力になります。

あなたが組合に加入することは、社会人として多くの職場で働く「なかま」を守る『絆』の結び合い、支え合いになるのです。

私たち奈良教組は、奈良高教組、奈良大附属教組とともに教育連合奈良として、奈良県の教育に大きな責任を持つ教職員組合としてさらに前進します。

さあ!私たち奈良教組の「なかま」たちと『いっしょに一歩』のあゆみをはじめましょう。