第10回連合奈良定期大会 2007年11月15日
第10回連合奈良定期大会を開催

  
森本哲次さん(電力総連)を会長に新体制がスタート


 2007年11月15日、第10回連合奈良定期大会が奈良ホテルで開催された。「すべての働く者の連帯で、ともに働き暮らす社会をつくろう」を大会スローガンに2007年度の活動報告、財政報告が承認された後、2008年〜09年度の活動方針が、討論を経て満場一致で可決、決定された。
 連合奈良は今後2年間、“鸚亀労働者や中小零細企業で働く労働者への支援強化と組織化、⊆匆颪良埔鰺に徹底して対抗していく姿勢を鮮明にし企業・経営団体の社会的責任、政治や行政の本来機能を追求していく、「地域に根ざした顔の見える運動」を前進させ地域の活性化をはかるなどの3つを運動の力点として、☆組織拡大・強化と全ての労働者連帯、☆労働条件の向上、ワークライフバランス、男女平等の実現、「人間尊重の労働」を目指す、☆公正・公平な社会実現と安心と信頼のセイフティーネットの構築、☆働くものが報われる政治を実現するための「政権交代可能な政治体制」の確立、☆国際活動を通じグローバル化の負の側面に対するとりくみなどを目標として取り組んでいく。
第10期(08〜09年度)役員については、森本哲次会長(電力総連)をはじめ、三役、執行委員、会計監査66名の役員が全会一致で信任された。教育連合奈良からは、竹平均(奈良教組)が会長代理、中川耕作(高教組)が副事務局長、澤田悦幸(奈良大附属教組)、真田昌雄(高教組/青年委員会)、松本清二(奈良教組/橿原地協)、森口謙二(奈良教組/桜井地協)が執行委員に選出された。

img0232.jpg


前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp