5.23 よりよい公共サービスをめざす奈良県民対話集会 2007年05月24日
ともに生きる社会のために!良質な公共サービスを!


 5月23日、奈良県文化会館小ホールにおいて、連合奈良主催による「よりよい公務と公共サービスをめざす奈良県民対話集会」が開催され、約300人が参加しました。
 パネルディスカッション形式で行われた集会は、澤井勝さん(奈良女子大学名誉教授)のコーディネーターですすめられ、現状の公務・公共サービスの問題点、求められる公務員の役割、改革のめざすべきところ、公共サービスはどうあるべきか等が話し合われました。
 パネラーとして東山博司さん(JAM大阪奈良地区協議会議長)、加藤まやさん(奈良新聞社県政担当記者)、山本幸司さん(公務労協事務局長)が発言、「公務もスクラップ&ビルドの考え方にたって国民にわかりやすく説明が必要だ。提供する側と受ける側との密接な関係をつくるべきだ。」「公務員は当然のこととして税金で仕事をしていると自覚すべきだし、積極的な情報公開をすすめるべきだ。一般の市民ももっと関心をもつ必要がある。」「小さな政府が正しくて何でも『官から民へ』では政治が国民の生活に責任をもたないということを是認してしまう。公務サービスはニーズにあっているか、公務に携わる人たちがきちっと仕事をしているかなど、公共サービスの定義を明確にしていく必要がある。」などの意見が交わされました。
 会場からも積極的な意見がだされ、「質のよい公共サービスは必要だ。具体的に市民のニーズに応えうる街づくりのビジョンをつくっていくことが大事である。」などのまとめがされました。
 
img0115.jpg
  
前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp