養護教員部学習会 2013年09月27日
 9月7日(土)かしはら万葉ホールにて、養護教員部学習会を開催しました。
 講師には、前日教組養護教員部長の山本春枝さんをお迎えし、「集団フッ素洗口・塗布中止に向けたとりくみ」をテーマにお話いただきました。山本さんは、2006年度から2011年度まで3期6年間、日教組中央で養護教員部長を務められ、その間「フッ素洗口ガイドライン」撤回の署名活動や日弁連人権擁護委員会への「むし歯予防への集団フッ素洗口・塗布による人権侵害に対する救済」申し立てなどに関わり、結果、日弁連が「集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書」を厚労省や文科省・環境省に提出するに至りました。

img0816.jpg

 山本さんからは「日弁連の『集団フッ素洗口・塗布の中止を求める意見書』をしっかり読んでみてください」とのお話があり、意見書の内容について大事なところを、わかりやすく教えていただきました。そして、日教組の基本的な考えとして、今日のむし歯予防は集団で予防するよりも、個人での予防対策が重要であることや、教育が果たす役割と、医療の役割との住み分けなど、大切なことを具体的な例も示しながら、今までとりくんでこられた経験の中から詳しく伝えていただきました。
 その後、参加者との質疑応答では「ワクチンとの共通点として考えられる問題や、食物アレルギーの対応だけでも敏感になっているのに、口に入れるものに対して何も思わないのはおかしい」といった意見も出され、現場の状況と結びつけながら、話し合いが進みました。
 部長退任後、一年間現場に戻られ、子どもたちとの関わりの中で見えてきたことや、退職された今、兵庫県の島の学校に週に一度スクールヘルスリーダーとして勤めて感じられていることなどを話してくださりました。本当にあっという間の2時間半でした。ぜひ、また機会があれば奈良の地に来ていただきたいと思います。 
前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp