第49回日教組幼児教育研究集会 2012年09月05日
 7月21日〜22日、第49回日教組幼児教育研究集会が春日野荘において開催されました。これまでは東京で開催されていたが、今回は奈良での開催ということで福島から沖縄まで全国各地から約120名が参加しました。全体会では岡島日教組書記次長の挨拶の後、開催県として高栄委員長が歓迎の挨拶を行いました。その後、10府県の単組から公立幼稚園の現状・課題や幼保一体化へなっていくことに対する不安などの報告を受けました。
 講演会は、大阪大谷大学の桜井智恵子さんに「新『子ども・子育て新システム』と今後の幼児教育」と題し御講演いただきました。その中で「公立幼稚園が子どもたちのためにいかに重要な役割をしているのかを再確認するとともに、幼保一体化に向けては『いい子どもの育ちを幼保一緒に支えていく』ということを考えることが必要」と話されました。
 二日目の分散会は、参加者からのアンケートをもとに新システムに対する期待や不安・公立幼稚園と地域との連携などについて活発な討論がなされました。
 幼保一体化にむけての課題は山積しているが、「質の高い教育・保育の提供や過程への養育支援の充実」をめざした安心の子育ち・子育て新システムについて参加者が共に学び、考えていく有意義な二日間になりました。

            img0781.jpg


前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp