1/14橿原 15生駒 「祝の島(ほうりのしま)」上映会 2012年01月20日
ドキュメンタリー映画「1000年先にいのちはつづく  祝の島(ほうりのしま)」上映会とはなぶさあや監督と祝島・島民によるトークショー(1月14日橿原・1月15日生駒)

 山口県上関町に原子力発電所建設の話が持ち上がったのは、今から30年前のことです。原発予定地から3.5舛僚蠅砲△觸謀腓凌佑燭舛蓮△垢阿鉾紳亶堝阿鬚こし、今までしたたかにたたかって来られました。img0750.jpg
 はなぶさ監督は、7年前に初めて祝島に行き、温かい島の人たちや美しい自然いっぱいの島に魅了されこの日常を多くの人に伝えたいという思いから映画を作られました。スクリーンに映し出される島の人たちのかざりがなく素直な姿やふつうの暮らしが愛おしく感じられます。おばあちゃんやおじいちゃんたちの何気ない会話の中に、優しさとユーモアがあり、そこに引き込まれる自分がありました。小学校の入学式は、新1年生が一人だけ。でも村中の人たちが集まってきてお祝いしてくれています。こんな所で仕事してみたいなあ。
 もし上関原発ができたら、おだやかな時間が平和に流れるこの島はどうなるか。海は汚れ、水温も上がり、いままで通りの漁はできなくなるのです。事故が起こったら3.5舛箸いΧ甬離では、逃げる時間はありません。民さんは、言います。「海は宝じゃ。海に育ててもろうたうちらが、子孫にきれいなまま渡さんにゃあいけまあ。」沖縄の辺野古のおばあの言葉と重なります。
 周りの人たちとの関係を丁寧に紡ぎながら生きていくことの大事さを感じさせる素晴らしい映画とトークショーでした。
前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp