11/19 「子どもにやさしいまち・学校づくり」シンポジウム 2011年12月06日
11月19日に日本教育会館で「子どもにやさしいまち・学校づくりシンポジウム」に参加しました。今回のシンポジウムは東日本大震災の災害による危機的状況において子どもの権利を基盤として、子ども及び家族の支援、学校・施設等の再構築、地域・コミュニティの再生等を推進し、すべての子どもが安全で、健康的な環境のもとで、自らの力を最大限に発揮できるよう、「子どもにやさしいまち・学校」の実現を目指すことを目的に開催されました。当日は、インドのバタフライというNGOでストリートチルドレンをサポートし、子どもたちをエンパワーメントしていく取り組み、東日本大震災後の東京における母子避難者の支援の状況、陸前高田における震災後の子どもたちの心の支援の実際のようす等の報告を受けました。乳幼児を抱えて避難所や都img0739.jpg内のホテル等に避難しているにもかかわらず、離乳食が災害救助法の対象として供給されず寄付のみに頼っていたが厚生労働省にその解釈を求めて離乳食が供給されるようになったことが報告されていました。
 「廃車をください」と岩手県山田町で家と自動車を流されたあるお母さんからの願いがありました。最重度といわれている自閉症の子どもさんとともに避難所に避難していたそうです。他の被災した方たちに迷惑にならないように、夜でも毛布を着こんで外にいることが多かったそうです。せめて、自動車があればその中で眠るまでの間自動車の中で過ごすことができるので、廃車と検討している自動車があれば譲って欲しいとの願いでした。このような状況がいたるところであったとの報告も受けました。今後こういういわゆる社会的弱者が安心して暮らせる社会を築いていきたいと思いました。
(S)

前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp