7/30〜31 3ブロック障害児教育学習会 2009年08月25日
 7月30日〜31日、神戸市・ラッセホールにて、第43回日教組近畿・東海・北陸ブロック合同障害児教育学習会が開催され、奈良教組からも20人が参加した。
全体会では、大阪市立大学教授・堀智晴さんが「特別支援教育からインクルーシブ教育へ」と題して講演され、障害があるなしにかかわらず、どの子も共に生きることを基本とするインクルーシブ教育をすすめるための理論と実践について話されました。
 その後、4分科会にわかれて報告、討議が行われました。奈良教組からは第2分科会「教育内容の創造と集団づくり」で、大福小分会の佐藤千恵美さんが「Sちゃんのとなりの席はたいへんやで 〜共に生き、共に学ぶからこそグチも出る〜」と題して報告を行いました。大福小では「子どもの人権を大切にし、『子どもは集団の中で育つ』という当たり前の実践を積み上げている」として、お互いを認め合える子どもの育成につとめる」「子どものくらしや実態を把握しきめこまやかな指導をめさしてきました。佐藤さんは、クラスのSちゃんとクラスの子どもたちのかかわりに焦点を当てながら、さまざまな「出会い」を報告され、「『しょうがい』を個性だというのは簡単である。・・・しかし、『しょうがい』を本当に『個性』と思えるようになるためには、言葉で言い聞かせたり理解させようとするのではなく、当たり前に生活していく中で生じる『波風』や『嵐』も共有し、怒ったり泣いたり、笑ったり考えたり、そんな『くらし』の中で感じるようになることだと思う。」と報告されました。
img0529.jpg img0530.jpg img0526.jpg  


 img0527.jpg  img0528.jpg

前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp