8/4〜9 原水禁世界大会に参加 2009年08月10日
 被爆64周年原水禁世界大会広島大会が8月4日〜6日、長崎大会が8月7日〜9日の日程で開催され参加してきました。
広島大会の初日の「核兵器廃絶2009平和ヒロシマ大会」には国内だけでなく核廃絶の活動をされている人たちが世界中から多数の参加者がありました。奈良からも折り鶴を献納しました。大会では現存する被爆ピアノの内の1台を広島で胎内被曝されたピアニストの好井一條さんによる被爆ピアノ演奏がありました。また、2日目は爆心地より1キロの路上での被爆体験を広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長から伺いました。中学校長を退職された現在も悪性腫瘍と闘病されながら語り部として被爆体験を私たちに伝えてくださっています。その後は2輌が現在も運行されている内の1台の被爆電車に乗り、市内の当時のようすを現在のようすと比べながらお話を伺いました。6日の平和祈念式典では秋葉広島市長がオバマアメリカ大統領のプラハでのスピーチを引用され平和宣言をされました。
 つづく長崎大会の初日の「核兵器廃絶2009平和ナガサキ大会」では平和ヒロシマ代表団によるピースメッセージや高校生平和大使の報告や決意表明がありました。その後参加者全員で構成詩挿入歌を合唱しました。2日目は西海市にある原爆ホームに慰問し、千羽鶴を届けてきました。9日は早朝より梁川公園内にある原爆殉難者の碑に奈良県参加者でお参りをしました。その後の平和祈念式典では高校生が司会を務め、参加者で核兵器のない平和な世界を祈って犠牲者への黙祷を捧げました。 
img0513.jpg  img0515.jpg  img0516.jpg

前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp