8/3 2009奈良教組教育課程編成講座 2009年08月07日
   
img0512.jpg      8月3日、春日野荘で開催されました。
 第一講座は、奈良教組組合員からの実践報告として、斑鳩南中学校から「オキナワ修学旅行の取り組み」が報告されました。斑鳩南中学校では、一年生の総合学習で修学旅行の行き先を子どもたちが考え、計画を立てます。それに基づいて旅行業者がプレゼンテーションを行い、生徒、保護者の投票で決定され、この学年は「沖縄」「津堅島」民泊に決定しました。生徒たちは事前学習と、沖縄での出会い・感動を通して「戦争」は過去のことではなく、今を生きる自分たちの問題であることに気付いていきます。ただ、観光地に行くというのではなく、テーマをもった総合学習の結実としての修学旅行の取り組みの報告で、とても厚みのあるものでした。
 第二講座は、宝塚造形芸術大学教授の桂正孝さんより、「新学習指導要領:『道徳教育』の読み方〜学習権保障と人権教育の視座〜」と題して講演を受けました。「経済のグローバル化、階層・地域格差の拡大、社会的排除構造(貧困化)の深刻化の中で、『生き方』『学び方』が問われているが、子どもの発達課題から見れば、強制された自立競争、学力分布の二極化、居場所喪失によるいじめ、不登校、社会的ひきこもりなど反社会的・脱社会的問題状況の中にある。」「学習指導要領の核心的な特徴は、新保守主義による国民統合(改憲)への布石であり、規範意識の強化・確立が叫ばれている」とし、社会的差別と貧困への実践的対抗軸として学習権保障と人権教育を推進、人権として居場所づくりを通して、逆境をもバネにして生き抜く力、学力保障、進路保障の教育をすすめる重要性などを話されました。
img0510.jpg img0511.jpg

 
前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp