6/12 第21回定期大会を開催 2008年06月12日
〜We Have a Dream〜
組合員としての誇りを胸に、尊厳ある労働の確立を!!


 6月12日(木)桜井市立図書館において、奈良教組代21回定期大会を開催しました。
 竹平委員長の挨拶の後、来賓として日教組山本潤一副委員長、連合奈良森本哲次会長、奈良高教組小南昌紀委員長、民主党前川清成参議院議員から挨拶を受けました。
 竹平委員長は挨拶の中で、「過労死基準の月80時間以上の超勤をする教職員が5割を超え、9割を超える教職員が“時間が足りない、忙しい。”と訴えている。我々は子どもたちの笑顔によろこびを感じ、その育ちに誇りを感じて働いている。しかし教員免許更新制の導入をはじめ、政府は教職員プライドやモチベーションすら砕こうとしており、『ディーセントワーク』=『働きがいのある人間らしい仕事』を取り戻さねばならない。賃金を決定し、労働条件を改善させ、政策制度に意見を反映させているのは紛れもなく組合である。確かに組合員でなくとも同じ恩恵を受けるが、自分だけの幸せや、組合員だけの幸せのためにだけ運動しているのではない。その『誇り』と『自信』をもって、組合への結集を呼びかけていただきたい。」とし、キング牧師の言葉を引用して、「どんな困難に直面していても、『I Have a Dream』、子どもたちには夢を語ろう。『I Have a Pride』、組合員としての『誇り』をもって『尊厳ある労働』の確立にむけて心と力あわせ奈良教組運動を推進しよう。」と訴えかけました。
 討論では、「若い人たちが持っている課題に丁寧に応えることが組織拡大につながる。」、「新しく入った方に理由を聞くと、前任校で奈良教組の組合員が丁寧にあたたかく支えてくれたことだとこたえてくれた。」などの意見がだされました。
 清水書記長は「みんなが一歩前進できるような組合運動にするために、組織拡大をして『力』をつけることが大切。」と答弁しました。
 
   
 img0333.jpg   img0334.jpg  img0335.jpg

前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp