ご挨拶 新しい仲間になられた皆さんへ 2008年04月01日
 子どもたちが元気に活動する学校・園の現場に立って、「こんなクラスにしたい」「子どもの思いがわかる教職員でありたい」・・・さまざまに思いをめぐらせていらっしゃることと思います。子どもたちは、あなたとの「出会い」を求めています。
 一見屈託なく生活しているかに見える子どもにも様々な思いや悩み・ストレスがあり、教室や学校の中でのかかわりだけで理解できないことも多くあります。そんな子どもたちを「決めつける」のではなく「受けとめられる」学校でありたいものです。そのためには子どもたちとともに歩み、ともに学び、育つという視点が大切です。一人で思い悩むのではなく、他の教職員との協力・協働も必要な条件です。
 一方、様々な教育課題が山積する中で、教育現場で働く者の悩みや要求もいろいろあります。もちろん一人で解決できるものもありますが、そうでないものの方が圧倒的に多いのです。各校・園の分会レベルで解決できるものもあれば、市町村教委レベルで、県教委レベルで、そして政府や文科省の政策レベルにいたる事柄もあります。私たちは、自分一人のものではなくみんなが共通して抱く悩みであればこそ、力を合わせてそれを解決するために組合に結集しているのです。「自分一人だけ良くなればよい」ということでないから、みんなの問題として交渉するのです。賃金を決定し、労働条件を改善させ、教育政策制度に意見を反映させているのは紛れもなく組合です。組合なしに何も決めることはできないのですから、組合員であるという誇りある「生き方」を共有しませんか。
 奈良教職員組合は県内すべての郡市に単位組合があり、奈良県高等学校教職員組合、奈良大学付属幼稚園高等学校教組と教育連合奈良県協議会をつくって奈良県における責任ある教組運動をすすめています。現場で働く教職員の視点に立って奈良県教育を切り拓くスクラムへ、あなたの参加を歓迎いたします。共に歩みましょう。
img0303.jpg
奈良教職員組合
執行委員長 竹平 均

前のページに戻る前のページに戻る

トップページ奈良教組イベントリンク個人情報保護方針

奈良教職員組合
〒630-8133 奈良市大安寺5-12-16 奈良地域労働文化センター3F
TEL.0742-64-1020 FAX.0742-64-1023
E-mail jtu-nara@deluxe.ocn.ne.jp